転職時には労働時間を確認しましょう

転職時には労働時間についてもきちんと確認をしておきましょう。

求人雑誌などに残業時間なども記載はされていますが、残念ながら全ての企業が正しい残業時間を記載しているわけではありません。

また、残業代がきちんと給与に反映されているかどうかも、給与面からチェックしておきます。

とはいえ、転職先が異業種だったりした場合には、実際の労働時間はどうなるのかの判断はしにくいです。

面接前に、その業種の雰囲気については下調べしておいた方がよいでしょう。

例えばプログラマーやシステムエンジニアの場合には、毎日定時に仕事を終えるのは難しいでしょう。

職種によって残業が発生したり、定時で終わったりの傾向はあるので、そこを調べた上で面接を受けるのが望ましいです。

面接はこちらの適性も判断されますが、こちらも会社の動向を判断する貴重な時間です。

特に待遇については、大切なポイントですが、聞きづらいことでもあります。

それでも大事なことは間接的にでもいいので確認しておくべきです。